少ない費用で簡単に、
生産効率を
改善できたら‥

そんな現場の声
MONICONが
お応えします!

製造の現場において改善は永遠のテーマです。今日常識化している多品種・少量生産では、いかにロスを発見して削減し歩留まりを高めるかがとくに重要となります。しかし、これまでの人の手だけによる状況把握や対応では自ずと限界があり、飛躍的な改善は望めません。これからはIoTや通信技術を駆使する時代です。MONICON(モニコン)は、IoT/M2M Gatewayを使い現場の様々な課題にカスタマイズで対応し、工場(生産・設備)稼働状況をモニタリングするシステムです。リーズナブルな費用の投資で大きな成果を導きます。

IoT/M2M Gatewayの
オールインワンパッケージで
現場の様々な課題を解決します。

あらゆる機器やセンサー情報を専用アプリで見える化(稼働率・稼働状況・異常回数)、異常状況の通報が確認できます。
お客様のロケーション。規模に合わせたプランも柔軟に対応します。

≫ IoT/M2M Gatewayとは

IoT/M2M Gatewayとは

IoT/M2M Gatewayというのは、機械と機械が通信ネットワークを介した広域かつ継続的な情報を交換することです。活用シーンとして、自動監視/生産性向上/緊急通知/介護負担軽減/物流効率化など、あらゆる分野での効果が期待されています。

MONICONは、
無線通信だから設置が簡単!

≫ 工場管理のデモ画面を見る

様々な課題を少ない費用で簡単に改善!
国内・海外を問わず、
工場の生産効率を向上させます。

生産現場のこんな声に
お応えします!

具体的な課題

  • 稼働率のデータ取りが個人任せになっていて正確に把握できていない
  • 改善効果を数値化できていないため、客観的な分析・評価が行えていない
  • すべての改善の基になるので、稼働の状況正確に把握したい

MONICONのソリューション

信号灯から稼働状況の情報を収集し、稼働率チャートやステータスチャートを表示させます。

導入効果

  • 客観的で正確な数値情報をベースに分析できるので工程のボトルネックを発見でき、設備工程の改善が行えます。
  • 改善後の成果も数値化され手に取るように把握できるので、作業者の意識向上につながります。
  • チョコ停傾向の把握からドカ停予防策を講じることができ、生産性の低下を予防できます。

稼働率を正確に把握したい時の具体的な課題

  • 稼働率のデータ取りが個人任せになっていて正確に把握できていない
  • 改善効果を数値化できていないため、客観的な分析・評価が行えていない
  • すべての改善の基になるので、稼働の状況正確に把握したい

MONICONのソリューション

信号灯から稼働状況の情報を収集し、稼働率チャートやステータスチャートを表示させます。

導入効果

  • 客観的で正確な数値情報をベースに分析できるので工程のボトルネックを発見でき、設備工程の改善が行えます。
  • 改善後の成果も数値化され手に取るように把握できるので、作業者の意識向上につながります。
  • チョコ停傾向の把握からドカ停予防策を講じることができ、生産性の低下を予防できます。

生産の見通しを正確に立てたい時の具体的な課題

  • 生産状況をリアルタイムに把握して、計画の終了予定時刻を割り出したい。
  • 終了予定時刻に合わせて、出荷や次の仕事のセットの準備を進めたい
  • ラインごとの進み具合を把握することで、平準化も図りたい。

MONICONのソリューション

ショットカウンターの情報を収集し、随時生産状況を表示させながら、計画終了予定時刻を割り出します。

導入効果

  • 設備ごとに進捗状況と稼働能力がリアルタイムに把握できるので、早めに生産計画を調整でき、平準化とムリ、ムダのない生産が行えます。
  • 設備の進捗状況と稼働能力から計画終了の残時間と終了予定時間が設備ごとに割り出せるので、事前に出荷や次の仕事のセットの準備が進められます。

材料をタイミングよく補充したい時の具体的な課題

  • 材料補充の最適なタイミングを把握することで、材料切れを避けながら補充の回数を減らしたい
  • 遠くで別の仕事をしていながらでも、補充のタイミングが分かるとよい

MONICONのソリューション

材料の下限センサーの信号を読み取り、遠隔の端末やインフォメーションパネルに適切な材料補充のタイミングを報知します。

導入効果

  • 材料補充の担当者が量をチェックしていなくても材料下限センサーの情報を報知するので、最も効率的なタイミングで対応できます。
  • 材料下限センサーの情報を、離れた事務所などにも表示パネルと音声で伝達できるので、材料補充の担当者は別の仕事にもあたれます
  • PCの画面を頻繁に確認しなくても、材料投入のタイミングが表示パネルと音声でも報知されるので、確認の手間が省け作業に集中できます。

「生産性を高めたい」、「自動で監視したい」など、
製造現場における課題をお気軽にご相談ください。現場が海外の場合も対応します。

MONICON設置までの
ステップ

1お問い合わせ下記販売元の「野村貿易株式会社 中国アジアビジネスグループ」まで、製造現場の課題を電話またはEメールでお気軽にご相談ください。
2課題のヒアリング
現場確認
担当者より電話で課題を詳しくお聞かせいただきます。MONICONの設置が適当と判断される場合、現場を確認させていただきます。
3導入設備のご提案
お見積り提示
現場の確認内容から導入設備を設計し、それを提案書としてまとめお見積書を添えてご提示します。
4ご契約設備内容と金額をご承認いただきましたらご契約を交わし、今後のスケジュール等について打ち合わせを行います。
5システム
プログラミング
ご承認いただいた設備仕様に基づきシステムをプログラミングし、各種操作のためのインターフェイスを制作します。
6電波環境等
現場確認
設備設置に向けて、電波環境や電源の場所など現場の状況を確認します。内容によっては環境の整備をお願いする場合があります。
7設置工事
テスト運用
設備を設置し、PCなどの端末にソフトウェアをインストールします。また、クラウドの設定なども行いテスト運用します。
8運用開始テスト運用で問題がなければ、いよいよ運用の開始です。不具合等がありましたら即座に対応します。

お客様の声

〈EMS(SMT実装)メーカー様〉

メーカの異なる保有設備(マウンタ装置・外観検査装置)2台にセンシングユニットを接続し、稼働率を監視しています。両設備共に簡単な配線工事のみでセッティングが完了しました。稼働率は経営者から全社員が閲覧できるため、SMTラインスタッフを始めとする生産部員の意識が変わり始めました。月々の稼働率は大幅に改善され、現在では0.1%単位の稼働率を向上させるのに「知恵」を絞り「改善活動」も活発になりました。

以下のフォームより
気軽にお問い合わせください

氏名  
氏名(カナ)  
メールアドレス
会社名
部署名
電話番号
郵便番号
住所
ご質問・その他

お手数ですが個人情報保護方針の内容をご確認いただき、
同意いただける場合は、 以下のチェックボックスにチェックを入れて、「送信する」ボタンを押してください。

個人情報保護方針に同意する

個人情報保護方針

野村貿易株式会社は、お客様の個人情報の重要性を認識し、下記保護方針を定め、個人情報の取り扱い、管理、維持に努めます。

1. 法令・規範の遵守

当社は、個人情報の取り扱いに当たり、個人情報保護に関する法令、その他の社会的規範を遵守致します。

2. 個人情報の取扱い

個人情報の取得、利用及び提供・開示にあたっては、個人情報保護の重要性を認識し、適切に取り扱い致します。

3. 安全対策の実施

当社は、個人情報の取り扱いについて、適切な体制を維持し、安全管理を徹底することで個人情報への不正アクセス、改ざん、漏洩等に対するセキュリティ-の確保・向上に努めます。

4. 継続的改善の実施

当社は、適切な管理に取り組み、役員・従業員へ周知徹底をはかり、定期的に検証し継続的な改善に努めます。

野村貿易株式会社
代表取締役社長
藤原 英昭

送信は完了しました。
お問い合わせいただき
ありがとうございました。
内容を確認次第改めて
担当者よりご連絡差し上げます。

具体的な課題

MONICONのソリューション

信号灯から稼働状況の情報を収集し、稼働率チャートやステータスチャートを表示させます。

導入効果

具体的な課題

MONICONのソリューション

ショットカウンターの情報を収集し、随時生産状況を表示させながら、計画終了予定時刻を割り出します。

導入効果

具体的な課題

MONICONのソリューション

材料の下限センサーの信号を読み取り、遠隔の端末やインフォメーションパネルに適切な材料補充のタイミングを報知します。

導入効果